2014年12月31日水曜日

プログラミング言語「Dart」の2014年

今日12/31で2014年が終わります。
Blog で追いかけてきた Dart 言語の1年を振り返ってみたいと思います。



2013年11月 Dart SDK 1.0 公開
※2014年の出来ごとではないですが、ここから Dart がスタートしたようなものなので



2014年01月 Dart SDK 1.1 バージョンアップ


2014年02月 Dart SDK 1.2 バージョンアップ


2014年04月 Dart SDK 1.3 バージョンアップ


2014年05月 Dart SDK 1.4 バージョンアップ


2014年06月 Dart SDK 1.5 バージョンアップ


2014年07月 Dart が Ecma の標準規格となる


2014年08月 Dart SDK 1.6 バージョンアップ


2014年10月 Dart SDK 1.7 バージョンアップ
2014年10月 Dart が TIOBE プログラミング言語ランキングで17位に選ばれる


2014年11月 Dart SDK 1.8 バージョンアップ


2014年12月 列挙型などの新機能が Ecma で承認される





記載したトピックが 言語仕様の内容に偏ってはいますが、この1年でとてもたくさんのバージョンアップがされてきた事がわかります。


また、言語仕様関連でいうと、Ecma の標準規格となった事は2014年の中でも大きなニュースではないでしょうか!
つい先日、以前から進められていた列挙型などの承認もおりたようで、順調に進んでいる事が伺えます。


明日から2015年になりますが、今後の Dart の動向も随時お届けできる様に Blog を続けていきます。
#年末にかけてプライベートがバタバタしていて更新出来ませんでしたが、そろそろ頑張ります。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿